iCloudでiWorksファイルを行き来させてみた

iCloudDocuments in the Cloudってやつ。

Mac(またはWin)とiPhone, iPad, iPod touchでいつも同じファイルを最新に保てるとある。

さしあたって以下がわからなかったので、やってみた。

  • iPhoneにもMacにもiCloudのファイル置き場にアクセスするアプリは見当たらなかったのでどうやってファイルをやり取りするのか
  • どんなファイルを扱えるのか

Ⅰ.まずMac

ブラウザでicloud.comにアクセス。Apple IDとパスワード打ち込んでサインイン。

右のiWorksを選択。たぶん対応アプリケーションが増えるとここが増えるとかするんじゃないかな。

すると

iOSでバイスでNumbersを開いてiCloudを有効にしてください、と出る

iOSでバイスでNumbersを開いてiCloudを有効にしてください、と出る

(最初はPagesの方でした。Numbersの方でキャプチャしただけ)

この時点では自分場合、MacにはiWorks入ってるけど、iPhoneには入ってなかった。なので急遽iOS版NumbersをiPhoneにインストールして開きiPhone側でNumbersを開いてiCloudを有効にした。

それでMacのブラウザの方で再度開くと

スプレッドシートがありません、となった

スプレッドシートがありません、となった

使えるようになった。この感じだと同じApple IDで使っているiOSデバイスのどれかしらにiWorksアプリのどれかが入っていないと使えないということになる。まあiPadは標準でしたっけ?

んでデスクトップとから.numbersのファイルをこのブラウザの画面にドラッグドロップすると

ブラウザにドラックドロップだけでアップロードできる

ブラウザにドラックドロップだけでアップロードできる

こんな風にブラウザに表示

こんな風にブラウザに表示

これでiCloudのサーバーに上がったのだろう。

Ⅱ.iPhone側で見てみる

iPhoneのNumbersを起動すると(このへん細かい操作忘れた。でも難しいことない)

おお!さっきのファイルがあるじゃん!

おお!さっきのファイルがあるじゃん!

んで一つを開いてみる。

開けるけどヘッダフッダとかなくなるで と言われる

開けるけどヘッダフッダとかなくなるで と言われる

右上の「終了」を押せば開ける。なんで「終了」なんだろ?「了解」がいいんじゃないか?

開いていじって閉じれば自動的に「保存>iCloudにも同期」が行われる。

この後いじったファイルをMacで開くと、確かに最初はあったヘッダフッダがなくなっている。スプレッドシート(つまり表のシート)のみとなっていた。(iPadだと違うかも)

Ⅲ.もう一度Mac側

iPhoneを置いてMacに向き合った時には、ブラウザのiCloudのNumbersファイルはすでにiPhoneでいじったものに更新されていた。

でMacにダウンロードするには目的のファイルをクリック。すると

ダウンロードする形式がいくつか出る

ダウンロードする形式がいくつか出る

どれか形式をクリックすればデスクトップにダウンロードする。アップした時の場所とは関係ないようだ。どっかのフォルダから放り込んだファイルでも、ダウンロードする時はデスクトップになる。

Numbers09を選んでも前述のとおりヘッダフッダなどないものになるのは致し方ないのか。

しかしPDFとExcelがあるのは大変よいと思う。Windowsでファイルの内容を見たくなったりした時に、ブラウザでiCloudにログインしこれらの形式でダウンロードすればいいのだ。

Ⅳ.どんな使い方したらいいかなあ

使うiWorksのファイルを全部iCloudに入れておいて、iWorksのファイルはそこのを元本にというのはあんまり現実的でないと思う。Numbersだと前述のとおりヘッダフッダがなくなるなどNumbersの全機能を使えない以上、やはり基本はMacのローカルファイルとなる。

またフォルダが作れないようなので(今後できるようになると思うけど)iCloudにたくさんあると整理が大変。もしiOS側で修正した時にローカルの元本に反映させるのも、デスクトップにダウンロードしたものを元本の場所に持って行くのは手動だ。たくさんiCloudにあったらどれがiOS側でいじったファイルか見極めるのが大変じゃないかな。

たぶんMac側のiWorksはまだアプリケーションとしてはiCloud対応ではないので、対応になればファイルの格納の仕方がiCloudとマッチしやすいように変わるのではないかとも思う。

現状だと以下のようなファイルを置いておいたらいいかも

  • 数値などを入れれば見積金額などが出せる数式を組み込んであるNumbersのテンプレートファイル
  • もういじることはないけど、急に内容を見たくなるような過去のファイル

んー正直あんまり使い道思いつかない…。

総括

  • Mac側はブラウザで、iOS側は対応アプリケーションでiCloudとやり取りする
  • iOSデバイスでiWorksアプリを何かしら持ってないとiCloudは有効にできない
  • 使えるファイルはiOS側のiCloud対応アプリケーションが扱えるファイル。現状ではiWorksが対応しているファイルのみ。ExcelはNumbersが、WordはPagesが対応しているのでMacからはアップできたので、他にもあるかもしれない
  • 今後iOSの対応アプリケーションが増えれば、扱えるファイルも増えるということだと思う
  • Mac側もブラウザでなくiCloudクライアントや、もっとシームレスなファイルハンドリング方法が搭載されるのではないか

ちょっとやってみただけなので、間違いがあるかもしれない。

今回も最初教えてくれた@gnueさんありがとうございました!

7 Responses to “iCloudでiWorksファイルを行き来させてみた”

  1. order-essay.com より:

    suka eblo tablo ebat’ kopat’!!!

  2. Good post! I really like it.

  3. Hello there, I discovered your web site by the use of Google even as looking for a related topic, your site came up, it seems to be great. I have bookmarked it in my google bookmarks

  4. I discovered your web site by the use of Google even as looking for a related topic

  5. discovered your web site by the use of Google even as looking for a related topic

  6. Passbeemedia より:

    Excellent post. I was checking constantly this blog and I’m impressed! This article is very nice to my surprise!! Thank you.

  7. We are VIP girls from Dubai and provide a better Escorts services in Dubai to tender a world class leisure pleasure.

Leave a Response