1年生の運動会とRaw現像

シャラシャラもって走る娘

どうもこの季節に運動会というのがしっくりこない昭和生まれの自分。

入学して2ヶ月弱でもう運動会です。台風2号なぞに邪魔されて火曜日開催でした。

やっぱりけっこう練習したんだね。1年生でも入場とか演技がしっかりしてた。

うちの娘は徒競走より踊りの演目の方が好きなようで、写真に残った表情がぜんぜん違った。徒競走ではなんだか困った顔してたけど、上の写真の集団演技ではとても生き生きした表情がたくさん撮れた。動くのはすきだけど、体力勝負の競争は好きじゃないみたい。「全速力」の出し方というか気持ちのもってきようがわからないのかな。オレみたい・・。

ちなみに娘の赤組はみごと勝ちました。

んで自分はここぞとばかりに3ヶ月前に買ったEOS7DとEF400mm F5.6Lで撮りまくりまして、250枚ほど。いやあやっぱこのレンズの解像度と8コマ/秒はいいですよ。機関銃のように連射しまくりました。

で、RAWで撮っちゃったんで後が大変。午前はピーカン晴れのみでよかったんですが、午後はくもりと薄曇りがコロコロかわりまして、ホワイトバランスが合わないし、現像するにもレシピが一定じゃだめなので数コマごとに変えなきゃで大変。しかもちょっとアンダーに撮っちゃってたから、レシピも微妙。やっぱ現場でしっかり撮らなきゃね。

それでもやはりRAWから起こすと良い写真になるし、ちょっとアンダーかなとかも救済しやすいんでこれからはなるべくRAWで撮ろうと思いますよ。ただいまはCanon DPPで現像してるんだけど、現像後のJpegはiPhotoで管理するのに読み込むと色が変わっちゃう。それをなんとかしたいし、全体的にRAWのワークフローや管理体制をなんとか快適にしなくっちゃ。

2 Responses to “1年生の運動会とRaw現像”

  1. 寄り道 より:

    遠いあの頃に一眼レフがあったら、子供の画像がもっとあっただろうになあ。
    羨ましい画像です

  2. sai より:

    自分はあまりマメな方ではないので、カメラ持ってるわりに普段のいい瞬間とかいまいち撮ってないんです。でもiPhoneにもカメラあるし、確かにフィルム時代より写真多く撮れますよね。
    しかし運動会なんかで白玉つけてドカドカ撮ってると、PTAに目を付けられて高学年時に写真係やらさらそうなのが懸念ですw

Leave a Response