Newton OS 2010年問題にはPatch 711000を

TwitterでなぜかNewtonの2010問題の話になった。

パッチをあてても毎回日付を合わさなきゃならんのが面倒だ。ポール様どうにかして!と成り行きの勢いで、Einstein開発者のPaul Guyotさんに聞いてみたところ、

「Clock resets to 2008 ? This bug is fixed in 711000」

これを教えてくれた。

Patch 711000

さっすがポール様。だいたいTwitterのプロフ写真がパリジャンすぎるw

前のパッチ 71J059は日付が2008にリセットされちゃうバグがあったらしい。

自分も含め2010問題が解決しきれていないNewtonユーザーは必須のパッチです。

3 Responses to “Newton OS 2010年問題にはPatch 711000を”

  1. 寄り道 より:

    紹介ありがとうございます。
    とりあえずEinsteinでインストールしたら、カレンダーが2010年から表示されて、おお〜便利。
    本物の方も、これに入れ替えた方が良さそうですね。

    マックからNewtonに文字データを移す簡単な方法ってあるのでしょうか。
    同期ソフトでは文字化けしますから、何か良い方法って? ありませんか

  2. sai より:

    お久しぶりです!
    役立ててうれしく思います。なんでもポールに聞いてみるもんですw

    自分はあんまりテキストを移したことないんですが、NCXで移してNTEncodingでエンコはできないんでしたっけ?もしくはメール受信できるなら、Macから送信してNewtonで受信、NTEncodingでエンコしてた気がします。

  3. 寄り道 より:

    パッチはとりあえずEinsteinにインストール、ちゃんと出来るんですね。
    ついでにNLKで日本語環境も整えてあげました。

    テキストを移す件、まだ試していないのですが、これからのお楽しみにしておきます。

Leave a Response