マテ貝掘り


相方が突然マテ貝が掘りたいといいました。
そんでほんとは木更津あたりに潮干狩りに行くはずだった。
13時干潮で潮干狩りタイムは11〜15:30くらい。8時に浦和でっぱつすれば余裕だろうと思ってた。

11時、宮野木jctの渋滞ど真ん中。。。

そのまま行ったら潮上げて、ざぷーん。

ごーるでんうぃーく舐めてました。

素直に諦めて、湾奥幕張の人工浜に切換え。
穴川で降りて20分で到着。

ここはいつもシーバス釣ってたところ。
近い。空いてる。というか干潟だけど潮干狩り場じゃないんで無料。だからアサリは撒かれてないんで採れまへん。
でもマテ貝が獲れればよし。


ファーストキャッチは相方でした。

3時間ほど夢中に、親だけ。
小麦は気付けば、腹まで海に浸かってる。海水浴行った時より海に親しんでます。


マテ貝 27本
アオヤギ 4個
シオフキ 2個
ホンビノス 1個

マテ貝もうちょい獲りたかったなぁ。
でも木更津行かないで良かったかも。
楽でたのしかった。

そして食う。


マテ貝は貝殻が焦げるくらい焼くとうまい。中身は焦げないし。
なかなかうまい。


アオヤギとシオフキは半茹でにしたところで剥いてめくって砂を洗い流す。アサリのように塩水に放置しても砂吐かないので。
そのまま塩ゆでで食べたけど、ほぼ味なし。アオヤギは歯応えがよいので、酢みそ和えがやっぱよいでしょ。


ホンビノス。外来種。
やっぱり汚染に強くて、成長が速い。
しかし食ってうまい。西洋では普通に食用。ハマグリのように焼いて醤油たらして食べたら、まるでハマグリ。ちょっと上品さがないかんじ。
ホンビノスなんて名前が悪い。もっと食べたくなる名前つけりゃよいのに。

てなわけでまたマテ貝掘りに行こうとなったのでした。

2 Responses to “マテ貝掘り”

  1. This info is very useful for me! Thanks for sharing.

Leave a Response