予測!Macworld Expo 2008

差し迫って自分を整理するために予測覚え書き
噂は基本的にMacworld Expoの会場で驚いた3つのことを参考にした。

噂その1 MacBook Air
maifjaabk.jpg
13.3″画面で光学ドライブなし。厚みMacBookの1/2。重さMacBook Proの1/2。HDではなくフラッシュメモリがメインドライブ。

噂その2 MacBook touch
2167855568_8fe2784140_b.jpg
本当ならこれはやばい。

「There’s something in the air」のバナーの「Air」がもと噂の決定だらしい。「Air」は『「オンエア中」の“エア”で、iTunes Storeを使った新しいコンテンツ配信サービスが始まるんじゃないかというウワサだ。』というみかたもあるが。いまさら映画配信ごときをEXPOのメインにジョブスがするかな?そしてしてほしくない。

んでMacBook Airに思う事は、パワーと価格によっては今のIntel iMacから買い替えの可能性あり。しかし、なによいまさらという感もある。HDDやいままでのプロセッサだからって、噂の厚さや容積ができないわけじゃない。P.B.XXXをやって分かった。
Macユーザー(特に日本)にとっては待望で革新的だが、PC界全体としては何も珍しいハードウェアではない。

それにくらべMacBook touchだときっとマルチタッチ技術を搭載するだろうしキーボードレスの可能性が高いことから、いままでタブレットPCな革新的ハードウェアとなると思う。(期待しすぎ) 常に新しい物を世に出してきたAppleらしい一歩先をいくハードウェアだ。でも上記がいい線いっていたら、問題はOSなんじゃないかと思う。マルチタッチだと、現在配布されているLeopardにパッチを当てるくらいじゃ済まないんでは? 確かにOSXにはいくらかタッチ入力の準備とおぼしき隠れ機能が存在する。しかしアプリケーションを含めiPhoneのような操作性は相当なものでとても隠せるものでもないと思う。
 では専用のLeopardを用意しているのだろうか? でもジョブスがこれ以上OSのサブバージョンを出す気がしない。あくまで10.6で実装し、インストール後チップのハード情報によりマルチタッチ関連の機能をオンオフするほうがOSXらしくスマート(と思う)。
以上からすると何を発表するか

わかりまへん

もちろんMacBook touchがでるにこしたこたぁありません。
当然Einsteinぶちこみたいからね〜。
では基調講演を楽しみましょう!

Leave a Response