シーバスは夜より昼

秋だというのに良型シーバスはいずこ・・・?

めっきり秋。潮といい風といい気温といい、かんぜーんに秋。
ですのに釣れません。特に夜釣れない。

某日大潮夜中
月は満月。風は微風で北より。干潮から上げに出撃。
3時間やって25cmのセイゴ。1匹。

某日中潮夜中
風は微風で南より。上げの釣りできる潮位ぎりぎりに出撃。
2時間やって28cmのセイゴ。1匹。

某日中潮夜中
とにかく出撃。
1時間やって無反応。ボーズ。
集中力切れるの早まる。

10月はこういう展開。(ボーズはもっとたくさん)
読みの作戦がわるいのか?現地での判断が間違っているのか?
レンジ? ルアー? リトリーブスピード? カラー? アクション?
レンジは一応上から下まで全部やる。
カラーも激澄みに対応してクリア買った。
スピードだって・・・。
反応が乏しいのでよい方法とわかる判断材料が少ないのも、
作戦を絞れてないのもいけないと思う。
だから全てのレンジ。いろんなスピードやルアー、カラーを試す。ポイントも移動する。
はっきりいってこれら方法を網羅するのは大変。
それで釣れなくて疲れる。ますます分からなくなる悪循環。

というわけで苦手と思われる夜に見切りをつけ、朝出撃。
バイブレーションずどーんと投げる。着水見えるってやりやすい。朝は見えるからいい。
数投目。着底。ジャーク。速巻き。

ガツン!

おしくもエラ洗いでバラす。フッコサイズ。
でも反応早くてうれしー!

悔やまず再開。
スピンテールでテンションフォール。
コンコン。フォール中のバイト。
あわせ!

シーバス
20cmくらいちっさい。

再度バイブレーション。
スロージャーク。
ガクン!

シーバス
40cm。

ここらで時合い終了。平日なので通勤時間帯になる前に撤収。
実際1時間半の間に、4ヒット3キャッチ。バイト多数。
小さかったけど反応多くて楽しかった。夜とは大違い。
やっぱ朝はいいなあ。

しかしますます問題は深くなる。
なぜ夜釣ることができないのか?

Leave a Response